CEFR B2レベルを目指すべき理由

英語
スポンサーリンク

英会話を学習されている方の中で「○○さんって英語話せるの?」と聞かれた時に、答えに詰まった経験を持つ方もいらっしゃるかと思います。

 

  • 旅行で困らない程度の英語は話せるけど、これは話せると言い切って良いのかな…。
  • 仕事で海外取引担当者と英語でやり取りはしているけど、流暢な感じではないな…。

 

どちらのケースもある程度英語でコミュニケーションが取れる状態を表していると思いますが、本心としては話せるには話せるけど自信がない、といった感じでしょうか。

 

英語が話せるという基準をどこからどこまでと定義するのはなかなか難しいのかもしれません。

 

今回はこの基準について掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

英語が話せるという基準

一般的に英会話を学習していない人が想像する「英語が話せる」人と言うのは、

 

  • ネイティブと同等に話せる
  • わからない単語はほぼない
  • 発音もネイティブ
  • 日本語、英語の通訳は簡単にこなせる

 

といった感じかと思います。

 

正直上記のことができると言うのはとんでもなく高いレベルであってネイティブスピーカーや帰国子女の方が該当するレベルです。

 

日常的に仕事で英語を使用している、ビジネスレベルの英語力を持つ方や、英会話講師の方でもなかなかこの域に達するのは至難の業ではありますが、それでも仕事で英語を使ってコミュニケーションを取ることができる=英語が話せるには違いありません。

 

では一体どのレベルになったら明確に「英語が話せる」、「英語ができる」と言って良いのか、その基準を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

CEFRと呼ばれる指標

結論から言うと【CEFR】という指標を用いることになり、6段階存在するCEFRのレベルの中でB2に達することができれば、英語が話せる、英語ができるレベルとして見なされることが多いです。

 

まず、CEFRと言う言葉を初めて聞く方も多いのではないかと思います。

 

CEFRとは

 

「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠
(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment)」

 

のことです。

 

これを聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、要するに英語を含めたヨーロッパの言語を同一の基準で測ることができる国際的な指標です。

 

英語が話せることを客観的に表すには、この指標を用いるのが正確かと思います。

 

CEFRはヨーロッパをはじめとして世界で広く用いられている指標で、A1,A2,B1,B2,C1,C2の6段階にレベル分けがされています。

 

CEFRはあくまで英語力の基準を表すものであって試験ではありません。

 

一例を挙げると、IELTS5.5から6.5を取得していたらCEFR B2レベルというように、各英語の試験の点数の分布から、CEFRの6段階のレベルに当てはめる形となります。

 

まずはどのレベルで、どんなことがおおよそできるのかということを見ていきます。

 

下の表はCEFRの各レベルでどのようなことを英語で行うことができるのかを表しています。

 

cefr b2

参照:ブリティッシュ・カウンシル(ヨーロッパ言語共通参照枠)

 

CEFRの参照枠に基づくと、

 

海外の大学の授業についていったり海外で仕事をするにはCEFRのB2レベルが必要。大学院などより高度な理解が必要な環境ではC1レベルが必要

 

と言われているようです。

 

前述した通り、一般的にCEFR B2レベルであれば英語が話せる、英語ができると言えるレベルに該当し、C1レベルまで到達するとノンネイティブとしては最高レベルと言えます。

 

CEFR B2まで到達すると次のレベルはC1レベルですが、CEFR B2からC1へ到達するにはA1からB2へ到達するより時間がかかり、相当な努力が必要とされます。

 

CEFR B2とC1のレベルの差は想像以上に大きいようです。

各英語試験とCEFRとのスコア換算

さて、各英語でどのくらいの点数をとればCFERの各レベルに該当するか見ておきましょう。

 

cefr b2

cefr b2参照:RareJob English Lab(【海外で就職・転職】英語力を測る国際基準「CEFR(セファー)」を知ろう!)

 

スピーキングを含む英語の試験を取り上げてスコアを換算すると上記のようになります。

 

TOEFLは英語を母国語としない人のコミュニケーション能力測定を行う為に開発されました。

 

アメリカの大学へ入学する際にもスコアが参考にされることが多いです。

 

IELTSはオーストラリアなどを中心に約120カ国、約6,000の教育機関・国際機関が採用し、年間140万人が受験する、世界的に権威のある英語運用能力試験です。

スポンサーリンク

ビジネスではCEFR B2レベルでおおよそ対応可能

ビジネスで英語を使用する場合においてもCEFRにおけるB2レベルに達していれば、ネイティブレベルでなくとも十分とも言われています。

 

なぜならビジネスの場では、アメリカ人やイギリス人といったネイティブスピーカーだけでなく、色々な国の人たちが集まって英語でコミュニケーションをとります。

 

英語が母国語でないヨーロッパの国出身の方が英語を話すと、さもネイティブっぽく聞こえがちですが、実際にはCEFR B2レベルで、C1やC2レベルとは隔たりがあるという場合も少なくありません。

 

英語はあくまでコミュニケーションを円滑に行うためのツールであるので、全員にわかりやすい英語を話す必要があります。

 

よって特定の国で使用される珍しい表現や単語を使う必要はなく、ましてやネイティブが使用するスラングをビジネスの場で使用する必要はありません。

 

以上の理由からネイティブレベルでなくとも一定水準のビジネス英語を操ることができれば十分と言うことなのです。

 

ビジネス英語表現は定型的な表現も多く、30代から学習して仕事で使えるレベルに到達したと言う方も数多くいらっしゃいます。

 

そう言う意味では、日常会話より易しいと言えるかもしれません。

TOEICではCEFRの各レベルに換算することが難しい

多くの日本人が受験する英語関連の試験として最もポピュラーなのがTOEIC Listening & Reading Testで、点数の範囲は5点〜990点まであります。

 

以下はTOEICを運営するIIBC|一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が発表しているTOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表です。

cefr b2
参照:IIBC|一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表

860点以上でノンネイティブとしては十分なコミュニケーションができると言われていますが、これは一概には言えません。

 

なぜなら、これはリスニングとリーディングの能力を測る試験であり、スピーキングを含むコミュニケーション能力を測ることが難しいからです。

 

極論を言えば全く話せなくても、リスニングとリーディングに特化した学習を行えば、この点数を獲得することができます。

 

事実、TOEIC900点以上取得していてもいざ会話をすると、How are you? I’m fine.レベルの会話をするのがやっとだと言う人もいます。

 

ちなみに僕のTOEICスコアは865点で、この表によるとAランクに入りますが、そのレベルは以下のように定義されています。

 

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。

自己の経験の範囲内では、専門外の分野の話題に対しても十分な理解とふさわしい表現ができる。 Native Speaker の域には一歩隔たりがあるとはいえ、語彙・文法・構文のいずれをも正確に把 握し、流暢に駆使する力を持っている。

 

しかしながら実際のところ自分の専門外の事柄について流暢に話すということに関してはまだまだ練習が必要だと感じています。

 

TOEIC860点レベルの英語力は実際どのくらいか
IIBCが発表しているスコアと英語レベルの相関表によると、TOEIC860点はAランクに属し、ノンネイティブとしては最高レベルとされています。しかし実際の英語力にはまだまだ伸び代がある場合が多いです。TOEIC860点取得後の英語学習方法も併せて紹介しています。

 

もちろんリスニングとリーディングができて尚且つスピーキングもできて、上記の点数を獲得している人もいますが、TOEICで高得点を取得している=英語が話せると言う図式が成り立つわけではないのです。

 

厳密にいうとTOEICにおいては、リスニング400点以上かつリーディング385点以上取得でCEFR B2レベルとみなされるようですが、実際はIELTSやTOEFLなど、スピーキングやライティングを含む試験を参考にして換算した方が信憑性は高いと思います。

スポンサーリンク

CEFR B2レベルを目標に

前述した通り、CEFR B2相当レベルに達すればイングリッシュスピーカーとしては十分なレベルです。

 

もちろんCEFR B1レベル、A2レベルでも英語が話せるには違いないですが、大部分の会話で不自由のないレベルを考えた場合、迷うことなく「英語が話せる」と言えるレベルはB2レベルからがふさわしいかと思います。

 

ノンネイティブが目指すべきはCEFR B2レベル
ノンネイティブの英語学習者が目指すべきレベルとしてCEFR B2レベルが挙げられます。このレベルは海外の大学に留学したり、海外で英語を使って仕事を遂行するレベルとして見なされているため、英語学習者はぜひCEFR B2レベルに到達することをオススメします。

 

CEFR B2レベルになると海外で仕事を行うことができたり、海外の大学の授業にもついていけるレベルですので、英会話学習者はこのレベルをひとまずのゴールとして目指してみるのが良いでしょう。

CEFR B2レベル到達にはオンライン英会話を

ここからはCEFR B2レベルに到達するための方法について取り上げていきたいと思います。

 

日本に住んでいると、日常的に英語を使う機会は仕事で必要な場合を除き、あまり無いという方が多いのではないかと思います。

 

そんな時にオススメなのが、オンライン英会話スクールのレッスンを受講する事です。

 

パソコンやスマホ、Skype、インターネット回線さえあれば1日25分からレッスンを受講する事ができ、毎日受講してもおよそ6,000円-8,000円とかなりお得です。

日常英会話

まずは日常英会話力を伸ばしていくことになると思います。

数あるスクールの中で、個人的なオススメを紹介していきます。

レアジョブ

レアジョブ cefr b2
レアジョブ英会話はオンライン英会話業界では老舗的な存在で、僕自身毎日レッスンを受講しています。

 

会員数も圧倒的に多く、どこのスクールに入ろうか迷っている人がいれば、まずはレアジョブを候補に入れれば良いでしょう。

 

僕自身、レアジョブのレッスンを継続的に受講したことで、スピーキング力が格段に向上しました。

 

CEFR B2レベルの会話力やビジネス英語の習得、日常英会話を楽しめるようになったのはレアジョブのおかげといっても過言ではありません。

【実体験】半年で英語が話せるようになるレアジョブの効果
オンライン英会話スクールの大手【レアジョブ】のレッスン受講を開始してからおよそ半年で英語が話せるようになった体験について。効果を得るために半年間にどのくらいレアジョブのレッスンを受講したのかということや、効果的に受講するための方法ついて取り上げています。

カリキュラムやコースも多彩で、自分にあった学習方法を確立させることができると思います。

\レアジョブ無料体験レッスンはコチラ/

hanaso

hanaso cefr b2
hanasoは講師数はそれほど多くはないものの、一人一人の講師の教えるスキルが高い印象があります。

 

どことなくレアジョブに似た雰囲気があるので、この二社を比較して好みに応じて受講を決めても良いでしょう。

 

6:00-24:30までのレッスン開校時間・レッスン予約可能時間・キャンセル可能時間もレアジョブと同様で、少なからず共通点が存在しているように思えます。

【オススメ度大】hanaso無料体験の感想や評判・口コミを紹介
オンライン英会話スクールといえば、レアジョブやDMM英会話が有名ですが、hanasoもこれらのオンライン英会話スクールに引けを取らず、オススメできます。hanasoの無料体験レッスンの感想や評判・口コミについて取り上げています。

hanasoを知ったのは、レアジョブのレッスン受講開始からだいぶ後になってからなので、当時から知っていればhanasoを選んでいた可能性もあります。

 

体験レッスンにおける顧客満足度が高いスクールとしてもオススメです。

\hanaso無料体験レッスンはコチラ/

Eigox(エイゴックス)

eigox cefr b2
エイゴックスはネイティブ講師、フィリピン人講師、日本人講師のレッスンを受講することができるオンライン英会話スクールです。

 

講師の国籍によって料金プランの違いはあるものの、ネイティブの講師のレッスンにも興味があると言う方には是非オススメです。

 

eigoxの無料体験レッスンの感想【ネイティブ講師も在籍】
ネイティブ講師、フィリピン人講師、日本人講師のレッスンが受講できるオンライン英会話スクールとして注目されているeigox(エイゴックス)。無料体験レッスンを受講した感想や、eigox(エイゴックス)のオススメポイント等を取り上げています。

また24時間いつでもレッスン受講が可能な点も受講者にとってはありがたいポイントかと思います。

 

事前にこれまでの講師の評価を確認してレッスン予約を行うことができるため、評判の良い講師のレッスンを受講しやすくなることも魅力的かと思います。

\エイゴックス無料体験レッスンはコチラ/

DMM英会話

dmm cefr b2
オンライン英会話の中でもトップクラスの知名度を誇るのがDMM英会話です。

 

DMM英会話においては、世界各国約120カ国6,000人以上の講師を採用しており、まさにワールドワイドな環境で英語を学ぶことができます。

 

僕自身も体験レッスンでナイジェリアやカメルーン出身の講師のレッスンを受講して、英語を学ぶだけでなく、文化的背景を知る良い機会になりました。

業界最大手!DMM英会話の無料体験レッスンの感想
DMM.comが展開するDMM英会話の無料体験レッスン受講の感想や、オススメポイントについて。オンライン英会話スクールの老舗「レアジョブ」と匹敵する業界最大手のオンライン英会話スクール「DMM英会話」の魅力について取り上げています。

24時間365日レッスン受講が可能ということもあり、仕事で多忙な日々を送っている人にとってもレッスンを受講しやすいスケジュールとなっているのが魅力的です。

\DMM英会話無料体験レッスンはコチラ/

ネイティブキャンプ

cefr b2
ネイティブキャンプは通常の4倍速で英語を習得できる学習法【カランメソッド】を主軸にレッスンを展開しており、人気が高まっているスクールです。

 

何と言っても、予約なしですぐレッスンを開始できるという点は、ネイティブキャンプの一番の特徴であると言えるでしょう。

 

僕が体験レッスンを受講したのは2017年の初め頃ですが、当時もいつでもレッスン受講が可能という点には大変驚いた記憶があります。

 

【ネイティブキャンプのここがスゴイ】魅力的な6つのポイント
リーズナブルに英会話力を上げられるオンライン英会話スクールが英語学習者の中で人気を集めていますが、その中でも今回は【ネイティブキャンプ】に焦点を当てました。他社とは一線を画すポイントや、ネイティブキャンプならではの魅力について取り上げています。

 

またレッスン自体も25分を超えなければ、10分や15分というように短縮して受講することができるので、開いた時間にサクッとレッスンを受講したい方に特にオススメです。

 

ネイティブキャンプにおいても、24時間365日レッスン受講が可能となっています。

\ネイティブキャンプ無料体験レッスンはコチラ/

スパトレ


スパトレは新しいスクールなので、聞き慣れないという方も多いかもしれません。

 

その魅力は何と言っても毎日25分プランが月額2,980円(税抜)と、オンライン英会話スクールの中でも最安値を打ち出していることです。

 

24時間365日レッスン受講が可能なことはもちろん、最新科学を取り入れたレッスンの提供など、今注目を集めているオンライン英会話スクールで、大手スクールにも引けをとりません。

 

【業界最安値】オンライン英会話スクールスパトレの口コミや魅力
毎日25分レッスンが月額2,980円(税抜)と、業界最安値で話題を集めているオンライン英会話スクールの【スパトレ】。もちろん価格が安いだけでなく、しっかりと体系化されたレッスンスタイルや、ユーザーファーストなレッスン受講規定など多くの魅力があります。スパトレの口コミについても紹介しています。

 

毎日25分以外にも無制限プランが存在しますが、月額4,980円(税抜)でどれだけでもレッスンを受講することができるので、コストパフォーマンスを重視するのであれば、必ず候補に入れるべきオンライン英会話スクールだと思います。

 

ただ安いだけでなく、タイやフィリピン出身の優秀な外国人こうしよるクオリティの高いレッスンを受講することや、綿密な学習指導を通して効率的に学習を進めることができるので、いち早く成果を出したいという方にオススメです。

 

また講師がレッスン内容を録音してくれて、その内容を30日間繰り返し聞くことができるため、発音やアクセントのチェックをレッスン後にも行うことが可能です。

 

自分の話している内容を聞くのは少し恥ずかしく感じるかもしれませんが、発音ができているのチェックをしっかり行うことによって、課題が見つけて改善していくことができます。

 

\スパトレ無料体験レッスンはコチラ/

ビジネス英会話

英会話が上達してきたら、次はビジネス英会話にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

ビジネス英会話力を鍛えることでよりCEFR B2レベルに近づくことが可能です。

先ほど紹介した各オンライン英会話スクールにもビジネス英会話コースは存在していますが、ビジネス英語に特化したスクールがあるので、そちらも取り上げていきます。

Bizmates

biz mates cefr b2
Bizmates(ビズメイツ)は、ビジネス英会話特化型のスクールとして、高い人気を集めています。

僕は体験レッスンを受講したことがあるのですが、講師から的確なアドバイスを逐一もらうことができ、レッスン中でも英語力の伸びを感じることができます。

 

受講生には外資系社員も多いとのことで、そこからも期待度や満足度の高さが伺えます。

【ビジネス英会話ならココ】Bizmates無料体験を受講した感想や評判を紹介
オンライン英会話スクールのレアジョブの受講者である筆者が評判が良いビジネス英会話特化型のオンラインスクールBizmates(ビズメイツ)の無料体験レッスンを受講してみました。Bizmates(ビズメイツ)の評判や受講した感想、どんな人にオススメできるのかということを紹介しています。

日常英会話というより、実際に仕事で英語を使う場面を想定して会話力を上げたい場合には、Bizmatesを是非候補に入れることをオススメします。

\Bizmates(ビズメイツ)無料体験レッスンはコチラ/

スポンサーリンク

まとめ

英語が話せる、英語ができるレベルについて、CEFRを基準にして取り上げてきました。

 

CEFR B2レベルに到達するには努力が必要ですが、学習を継続していけば到達できるレベルです。

 

単語力を鍛えたり、シャドーイングを行う他、今回紹介したオンライン英会話スクールのレッスンを受講することで、英語力は確実に上がり、日本にいながらもCEFR B2レベルに到達することができます。

 

もちろんさらに上を目指したいという方はB2レベルと言わず、C1レベルを目指すのも良いでしょう。

 

かなり時間はかかりますが、英語学習を楽しむことができれば困難な目標もきっと叶えられると思います。

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

愛知県在住の29歳会社員。

同志社大学卒業後、約3年間のメーカーでの営業職としての勤務経験を経て、フィリピン・セブ島へ3ヵ月プログラミング×英語留学。

帰国後、愛知のIT企業でWEBプログラマーとして勤務開始。

保有資格:TOEIC865点、日商簿記検定2級

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント