【コスパ良し】産経オンライン英会話の評判や無料体験レッスンの感想

英語
スポンサーリンク

これまで僕が受講したことのあるオンライン英会話スクールのレッスンは、現在受講中のレアジョブとBizmatesの2社のみでした。(2019年8月現在)

 

今回は新たに産経オンライン英会話の無料体験レッスンを受講してみました。

 

産経オンライン英会話とは、産経ヒューマンラーニング株式会社が運営している海外留学、通信講座や短期集中の英語学習コーチングサービスなど、それぞれのユーザーの目的に合わせたプログラムを提供する、総合英語学習サービスのことです。

 

\無料体験レッスン申し込みはコチラ/

それまで名前は聞いたことはありましたが、僕自身がレアジョブ会員であるため、なかなか受講する機会がありませんでした。

今回の無料体験レッスンの受講を通して、産経オンライン英会話の利点や特徴について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

無料体験レッスンは2回受講可能

1回25分のレッスンをレアジョブと同様2回無料で受講することができます。

 

やはり1回だとなかなか判断が難しいので、2回受講できるのはユーザーにとってありがたいシステムだと思います。

 

レッスン受講前(予約時)に簡単なアンケートを書きます。

 

  • 英語を学習する目的
  • 英検の何級を持っているか
  • TOEICの大まかなスコアについて
  • 無料体験で教材を使いたいかどうか

 

などを答えます。

教材については、特に指定しませんでした。

 

 

講師検索画面にて、講師の性別や年齢を絞って、講師を選択することができます。

【GCAT】という見慣れない項目があったので、詳細を調べてみると、

 

GCAT(ジーキャット)とはGlobal Communication Ability Testの略称で、「国際言語である英語を道具として、様々な文化背景を持つ英語話者と真の意味でのグローバルコミュニケーションをすること」のレベルを認証するテストです。
日々のオンライン英会話レッスンを通して獲得した英会話技量の到達度を測るために、産経オンライン英会話が開発しました。

引用:産経オンライン英会話 GCATってなに?

 

いわゆるユーザー個々の言語運用能力を査定するテストで、レアジョブスピーキングテストに近いものかと思われます。

 

GCATは追加料金なしで通常のレッスンと同様にいつでも受けられるということで、ユーザーからの評判も良いようです。

 

このテスト対策に対応できるかどうかも指定して講師を選ぶことができるようです。

 

講師を選んで予約をしたら、自分のニックネームやSkype名を入力して講師からのコールを待ちます。

スポンサーリンク

無料体験レッスンの流れ

レッスンが始まると、まずはお互い軽い挨拶を交わします。

 

そして、

 

  • 自己紹介
  • 英語を学習する目的は何か

 

について話し、そのあとは無料体験レッスン用の教材を使いながらレッスンが進められていきます。

 

講師からSkype経由でPDFファイルが送られてくるので、それを活用していきます。

 

教材の一部がこちらです。

 

  1. 今日のフレーズ
  2. 状況
  3. ダイアローグ
  4. 語彙
  5. 今日のポイント
  6. 練習

 

の順番でレッスンが進められていきました。

 

ダイアローグでは講師と受講者が交互に英文を読み、会話の練習をおこなっていきます。

 

25分ほどで終了することを想定して作られている無料体験用の教材なので学習しやすいと思います。

 

教材終了後には、講師からレッスンのフィードバックをもらう事ができ、よかった点や覚えておきたい語彙について、認識することができます。

スポンサーリンク

レッスンの感想

具体的な改善点を提示してもらえる

初回の無料体験レッスンであったため、そこまで他社との違いはないと感じましたが、個人的に一つ学習した事が、”Do you have any questions?”と聞かれた時の答え方です。

 

これまで特に何もない場合には、”I have no question.”や”I don’t have any questions.”というような答え方をしていたのですが、今回もそういった答え方をしたところ、

 

None so far.を使った方が良いよ。」とアドバイスを頂きました。

 

僕が今まで使っていた”I have no question.”や”I don’t have any questions.”は、時として冷たく聞こえる可能性があるので、”None so far”を使った方が良いとのことだったので、大事なことを学ぶ事ができました。

 

普段なれた先生とレッスンをしていると、細かい間違えについては見逃される可能性がありますが、体験レッスンだと受講者の話し方や表現も細かくチェックされるので、こういった活用方法も効果的だと感じました。

 

レッスンを受講してしばらくしてから担当講師のフィードバックをMy pageにて確認する事ができます。

 

 

レッスン中で良かった点、改善点を事細かにフィードバックに残してくれています。

 

今後の学習の参考にもなるので、レッスンを受講したあとは、フィードバックをぜひ確認するようにしましょう。

和やかな雰囲気でレッスンが進められる

今回受講した講師だけではないので、一概には言えませんが、和やかな雰囲気で受講者が緊張しないようにレッスンが進められていくと感じました。

 

やはりオンライン英会話レッスンにおける受講中の雰囲気というのは、レッスンの質と同じくらい重要なことだと思います。

 

特にオンライン英会話初心者の方にはオススメできると言えます。

産経オンライン英会話の口コミ

僕が受講した感想について書きましたが、他の受講者がどのような感想を持っているのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

産経オンライン英会話のレッスンを実際に体験された方による口コミを取り上げていきたいと思います。

 

https://twitter.com/maekon_english/status/1266628404662525953

 

受講者の良いポイントをしっかり褒めてくれるとやはりモチベーションは高まりますよね。

 

無料体験レッスンだけではなかなか時間が足りないですが、継続していくことで濃密なレッスンを受講することができると思います。

 

 

大手のオンライン英会話スクールにも引けを取らない講師のクオリティの高さを評価されています。

 

僕もレッスンで体験したように、具体的な改善点の提示をしてもらえたりと、講師が生徒をしっかり見ている点は信頼が置けると思います。

 

 

後ほど紹介しますが、毎日25分プランはレアジョブやDMM英会話よりもお値打ちなのが魅力の一つです。

 

コストパフォーマンスの点でも高い評価を得ていることがうかがえます。

スポンサーリンク

料金体系

月額制で、特に毎日25分プランと毎日50分プランに関しては僕が受講しているレアジョブよりも安価で提供されています。

※レアジョブの毎日25分プランは6,380円(税込)、毎日50分プランは10,670円(税込)

 

※消費税は10%で計算しています。

コース 月額料金
毎日25分プラン(25分×毎日1レッスン) 6,090円(税込)
毎日50分プラン(25分×毎日2レッスン) 9,981円(税込)
週末毎日50分プラン(25分×金・土・日のみ1日2レッスン) 6,090円(税込)
大学入試外部検定試験対応 10,175円(税込)

 

【週末50プラン】というコースがあり、こちらは毎週金、土、日の週末限定で、それぞれ1日2レッスン受講できるという、平日はあまり時間が取れないけれど、週末にがっつり英語を話したいという方にはオススメだと思います。

受講可能時間帯

産経オンライン英会話において、レッスン受講可能時間帯は、5:00-24:00となっています。

 

レッスン予約可能時間・キャンセル可能時間は下記の通りです。

 

  • レッスン予約可能時間
    レッスン開始の30分前まで
  • レッスンキャンセル可能時間
    レッスン開始の1時間前まで

 

僕が毎日受講しているレアジョブや、無料体験レッスンを受講したBizmatesの場合は、レッスン予約は5分前まで、キャンセルはレッスン開始30分前まで可能となっており、若干違いがあるのがわかります。

 

時間的な柔軟さだけみた場合、前者に軍配が上がるといったところでしょうか。

スポンサーリンク

講師の国籍、人数

講師は、レアジョブやBizmates同様フィリピン人のみとなります。

 

これに関しては一部のオンライン英会話スクールを除いて共通で、フィリピン人講師の高い英語力が産経オンライン英会話においても重宝されている事が伺えます。

 

また講師数は、400名ほどと少し少ない印象を受けました。

 

開講時間帯は幅広いものの、講師の数により予約が取りにくい場合があるかもしれません

カリキュラムも豊富

有料会員はもちろんのこと、無料会員も一部の産経オンライン英会話独自の教材も使用する事ができます。

 

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • 職業別英会話
  • TOEIC

 

など、目的に応じて、教材を選択する事が可能です。

 

 

また、大学入試外部検定試験対応もあり、現在のセンター試験に代わって2020年度から新しくスタートする「大学入学共通テスト」の対策も行う事ができます。(教材の購入が必要)

こんな人にオススメ

産経オンライン英会話の受講は以下に当てはまる人にオススメです。

 

  • 綺麗で見やすい教材を使いたい人
  • 明確な目的に応じて学習を行いたい人

 

先ほど無料体験レッスンで使用した教材の一部を掲載しましたが、字の配置などのレイアウトが綺麗に配置されています。

 

 

日本語役と英訳も対になって掲載されているので、初学者の方にとっても十分わかりやすいと思います。

 

またその他の教材においても、どんなシーンで使いたいか、この教材を学習するにはどの程度の英語力があればいいかということも明確になっているので、目的や現在のレベルに応じて、最適な教材を学習する事ができます。

 

 

目的に応じて教材を選定して学習することによって、早期の英語力アップも期待する事ができそうです。

まとめ

今回は産経オンライン英会話について取り上げてみました。

 

SNSでも、レアジョブやBizmatesのWEB広告の方が目にする機会が多いと思うので、知らなかったという人も多いかもしれませんが、こちらも優秀な講師陣と秀逸な教材が揃っています。

 

ただ、前述したように、

 

  • レッスン予約・キャンセルの時間的余裕
  • 講師数

 

が改善されれば、もっと人気が出るオンライン英会話スクールなのではないかと感じました。

 

これからオンライン英会話スクールの受講を始めようとしている方であれば、産経オンライン英会話も候補の一つに入れることをぜひオススメします。

\無料体験レッスン申し込みはコチラ/

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

愛知県在住の29歳会社員。

同志社大学卒業後、約3年間のメーカーでの営業職としての勤務経験を経て、フィリピン・セブ島へ3ヵ月プログラミング×英語留学。

帰国後、愛知のIT企業でWEBプログラマーとして勤務開始。

保有資格:TOEIC865点、日商簿記検定2級

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]