フィリピン系オンライン英会話スクールのメリット

英語
スポンサーリンク

2000年代に入ってから、オンライン英会話スクールが台頭し、現在では通学型英会話スクールにとって変わる存在になったといっても過言ではないでしょう。

当初は格安のフィリピン系スクールが主流でしたが、最近ではネイティブ講師や外国人に英語を教えるための資格「TESOL」を保持する講師を採用してレッスンを提供するスクールが増えてきたりと、新しい流れが来ています。

そのような流れにはなってきてはいるものの、フィリピン人講師を採用しているスクールには依然として多くの魅力があると思っています。

僕自身はフィリピン系オンライン英会話スクール大手のレアジョブ英会話を数年間受講していますが、受講当初より格段に英語力が向上し、TOEICで高得点を記録したり、仕事で英語を使用することも経験できました。

レアジョブの効果【半年で英語が話せるようになるまで】
オンライン英会話スクールの大手【レアジョブ】のレッスン受講を開始してからおよそ半年で英語が話せるようになった体験について。効果を得るために半年間にどのくらいレアジョブのレッスンを受講したのかということや、効果的に受講するための方法ついて取り上げています。

フィリピン系オンライン英会話スクールの魅力に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

リーズナブルな値段設定


やはり習い事を始めたりする場合に値段に着目する方が多いと思います。

多少前後はしますが、1日25分の日常英会話コースを受講する場合、1ヶ月6,000円前後で受講することができるスクールが多いです。

いくつかのスクールの1日25分日常英会話コースの価格(1ヶ月分)をまとめた表を掲載します。

Eigox(フィリピン人講師) hanaso レアジョブ
毎日25分プラン 6,380円(税込) 6,578円(税込) 6,380円(税込)

ちなみにEigoxにはネイティブ講師のレッスンも受講することができるのですが、そちらは1ヶ月17,380円(税込)と2倍以上の金額設定になっています。

同じ内容にも関わらず、金額的にリーズナブルな印象をフィリピン系スクール、フィリピン人講師のレッスンに対してもたれるのではないでしょうか。

特に初心者の方で、まずは数ヶ月お試し感覚でやっていきたいという場合にはこの値段設定であれば手を出しやすいかと思います。

講師の発音が聞き取りやすい


オンライン英会話スクールにおいてフィリピン人講師が採用される理由の一つとして、発音の明瞭さがあります。

よくフィリピン訛りが気になるのでは?ということが取り上げられますが、ほとんど心配する必要はないと思います。

アメリカやイギリス資本の会社のコールセンターで働いていた経験を持つ講師も多く、特にそういった講師の発音やアクセントは申し分ないです。

厳密にいうと、ネイティブスピーカーと話すリズムや発音に多少の違いはありますが、コミュニケーションをとる上で特別気にする必要はなく、それよりも正しい文法を使っているか、TPOを考えて表現を使っているかということの方が重要です。

高学歴の講師が多い


しっかりと専門教育を受けていたり、世界的な大企業に勤務した経験を持つ講師が多いのもフィリピン系オンライン英会話スクールの魅力と言えます。

特にレアジョブにおいては、フィリピンの東大と呼ばれているフィリピン大学や有名私立大学アテネオ大学の卒業生も数多く在籍しています。

先ほどの話につながりますが、高学歴の講師はしっかりとした文法やその場にふさわしい表現を熟知しているので、受講生も正しい英語をしっかり学ぶことができます。

ネイティブであっても正しい文法で英語を使用することができなかったり、英語を教えるスキルが不足している、ということも起こり得るので、フィリピン系オンライン英会話スクールで高等教育を受けた講師のレッスンを受講することは、英語力向上への近道でもあると言えます。

英語を学ぶ苦労を知っている


フィリピンでも英語は話されていますが、あくまで第二外国語としてであり、母国語ではありません。

小学校入学後に英語を学び始める人も多く、やはり最初は間違えを経験しながら少しずつ上達していくケースが多いと思います。

よって、第二外国語として英語を学んでいる僕たち日本人受講生がどういった点でつまずくのか、どのような点に気を付ければ良いかということを熟知しており、しっかりと寄り添ってくれます。

自らが英語を学んだときの苦労や、オススメの勉強法などもアドバイスしてくれるので、僕たちもそれらを参考にすることができるのです。

少しでもわからないことがあれば、躊躇わずにどんどん質問することをオススメします。

気さくに色々なことを教えてくれるでしょう。

オススメのスクール


いくつかフィリピン系オンライン英会話スクールの魅力について取り上げてきました。

これからレッスンを受講しようと考えている方にオススメのスクールを紹介していこうと思います。

レアジョブ

自分が受講していることもあり、少し贔屓目な視点はあるかもしれませんが、やはり業界最大手のレアジョブ英会話がオススメです。

会員数も圧倒的に多く、ネットでも多くの情報を得ることができるので、押さえておいて間違いはないと思います。

また普段のレッスン以外にもレアジョブスピーキングテストを提供するなど、受講者の英語力向上をあらゆる角度からサポートしています。

無料体験レッスンはコチラ↓


hanaso

hanasoの講師数は400人前後とそれほど多くはないですが、一人一人の講師の教えるスキルが高い印象があります。

僕も2回無料体験レッスンを受講しましたが、2回とも素晴らしいレッスンで、レアジョブにも引けを取らないと感じました。

【オススメ度大】hanaso無料体験の感想や評判・口コミを紹介
オンライン英会話スクールといえば、レアジョブやDMM英会話が有名ですが、hanasoもこれらのオンライン英会話スクールに引けを取らず、オススメできます。hanasoの無料体験レッスンの感想や評判・口コミについて取り上げています。

日常英会話レッスンだけでなく、ビジネス英会話レッスンも提供しているので、英語を学ぶ目的に応じてレッスンを受けてみると良いでしょう。

無料体験レッスンはコチラ↓


イングリッシュベル英会話

イングリッシュベル英会話はオンライン英会話スクールとして日本で初めて品質管理・品質保証の国際規格である、 ISO9001の認証を取得したことで、話題を集めています。

イングリッシュベル英会話の無料体験レッスンの感想
イングリッシュベル英会話は品質管理・品質保証の国際規格である、 ISO9001の認証を取得したオンライン英会話スクールとして注目を集めています。イングリッシュベル英会話の看板とも言える、カランメソッドの発展版のDMEメソッドをレッスンに取り入れており、英語力が上がる確かな土台を形成しています。

またDMEメソッドと呼ばれる、カランメソッドを元に作られたをレッスンに取り入れており、効率よく英語を学習できることが魅力的です。

基本的に24時間レッスン受講が可能なので、多忙な方もどこかで時間を見つけることができるかと思います。

無料体験レッスンはコチラ↓


まとめ

今回はフィリピン系オンライン英会話スクールに的を絞って記事を書いてきました。

近年ネイティブ講師を売りにしているスクールが出てきているものの、まだまだフィリピン人講師の需要は多く、受講者の英語力向上に多大な影響を及ぼしていることは間違い無いでしょう。

今回紹介したスクール以外にもたくさんあるので、興味があれば無料体験レッスンを受講してみることをオススメします。

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

愛知県在住の29歳会社員。

同志社大学卒業後、約3年間のメーカーでの営業職としての勤務経験を経て、フィリピン・セブ島へ3ヵ月プログラミング×英語留学。

帰国後、愛知のIT企業でWEBプログラマーとして勤務開始。

保有資格:TOEIC865点、日商簿記検定2級

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント