英会話に対するハードルを下げるための効果的なアプリや学習方法

英語
スポンサーリンク

多くの日本人が英語を話せるようになりたいと考えているのにも関わらず、実際にその一歩を踏み出さなかったり、始めることに抵抗を持つケースがあると思います。

その理由の一つに英語を話すことが怖いと感じてしまうことが関わっているのではないでしょうか。

  • 間違った英語を話して笑われたら恥ずかしいな。
  • 相手にうまく伝わらなかったらどうしよう…。

こんなふうに考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これらは過去に英語を話す場面で実際に経験したことにより、トラウマになっているケースも考えられます。

英語を話せるようになるためにはそれらを乗り越えていく必要がありますが、まずは「英会話」へのハードルを下げることが最初の一歩であると言えます。

今回は英会話へのハードルを下げるためにオススメな学習方法やアプリを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

アルク トーキングマラソン

英語教材で有名なアルクが開発した英会話アプリトーキングマラソンは、様々なシーンで行われる会話を想定して、あらかじめ組み込まれている音声プログラムとスピーキング練習を行うことができるアプリです。

自分一人で英会話の練習ができるという画期的なアプリで、体験できる内容としては、

  • 心配事を抱えていそうな同僚に声をかけるシーン
  • 友達から映画を見る誘いを受けているシーン

など、日常生活においてよく起こり得るシチュエーションの中で対話形式の練習を行うことができます。

例えば自分の話す順番が来たときに、

上のシーンのように、「どうしたの?」と答えるべき内容が日本語で示されるので、それを英語でデバイスに向かって話しかけます。

日本語が表示されてから数秒後に対応する英語表現が表示されるので、自分が答えた内容が正しいかどうかの確認を行うことができます。

出てくる内容は定型表現も多く、そのままま覚えても実際の会話で使うことができるので、会話の練習をしながら表現の幅を広げていくことが可能です。

トーキングマラソンはスキットトレーニングと呼ばれる以下の三つの項目で構成されています。

  • RUN
    →音声プログラムと実際の1対1の会話トレーニング
  • WORKOUT
    →RUNで行われた内容の復習を行うことができる。該当のフレーズが「言えた」のか、「言えなかった」のボタンが用意されており、言えるまで練習を行う。
  • RUN AGAIN
    →WORKOUTで復習が出来たら再度RUNにチャレンジすることができる

スキットトレーニングは1日に2回更新されるので、毎日複数のシーンの表現に触れることができます。

トーキングマラソンは会員登録をすると2週間無料で使用することができるので、この期間だけでも続けると始める前と比較して基本的な会話がスムーズに行えるようになると思います。

2週間を過ぎると有料会員扱いになり月額3,980円(税別)が引き落とされるので、継続を希望しない場合には解約手続きを忘れないようにしましょう。

2週間無料会員登録はコチラ↓


スピークバディ


スピークバディはトーキングマラソンと同様に自分一人で英会話のトレーニングを行うことができるアプリです。

こちらはiPhoneおよびiPadのみで利用可能となっています。

アプリ内に登場するキャラクターと、日常やビジネスの様々なシーンで会話を行い、

  1. 単語学習
  2. リスニング
  3. 会話
  4. 英作文
  5. 応用練習

といった5つのステップを通じて、反射的に英語が出てくるようにトレーニングを行います。

中でも特徴的なのが、スピークバディにはAIを用いた音声認識技術が採用されており、より精度の高い発音判定を行うことができるようになっています。

この機能により細かい発音の違いも認識することができるので、発音に間違いがあればしっかり矯正することが可能です。

初めにアプリをインストールすると、英語を学習する目的は何かというアンケートに答えてその後およそ5分のスピーキングレベルテストを受けることになります。

受講後10段階のレベルの中から該当するレベルに振り分けられ、それを元に学習カリキュラムも作成してもらえるので、レベルや志向にあった英語学習ができる点も魅力的です。

スピークバディは1週間無料で利用することができ、あらゆるシーンにおける会話力を集中的に鍛えたいという場合にオススメです。

1週間を過ぎると自動的に有料会員になり、月額1,950円(税込)かかるので、その点は注意しておく必要があります。

andoroidはコチラからダウンロード↓
Google Play で手に入れよう

iPhoneはコチラからダウンロード↓

 

日本人講師との英会話レッスン

通学型の英会話スクールからSkypeなどの通信システムを通してレッスンを行うオンライン英会話が主流となっていますが、外国人講師がレッスンを担当することがメインでした。

日本語がほとんど話せない講師もいるので、そういった面も初心者にとってはハードルが高いと思わせていた要因なのかもしれません。

しかし近年は日本人講師も在籍しているオンライン英会話スクールも登場し、英会話初心者にとっては心強い味方となっているのが特徴です。

以下のオンライン英会話スクールにおいても、日本人講師が多数在籍しています。

日本人講師とレッスンを行うことのメリットとしては、英会話へのハードルを上げることができる他に、

  • リラックスしながらレッスンを受講できる
  • 細かいニュアンスもしっかり確認することができる
  • 英会話を習得するための苦労を共有することができる

などが挙げられます。

特に3つ目のポイントに関して言えば帰国子女や海外生活が長い日本人講師もいますが、大人になってから苦労しながら英語を身につけたという講師も多いため、英語を学ぶ受講者の大変さを十分に理解して、的確なアドバイスを与えてくれます。

こういったアドバイスが英語を学ぶモチベーションにもなると思うので、気になることがあればどんどん質問してみるのも良いでしょう。

各オンライン英会話スクールで無料体験レッスンを受講することができるので、まずは実際に体験してみることをオススメします。

各スクールの無料体験レッスンは以下のリンクから↓

まとめ

今回は英会話に対するハードルを下げるための効果的なアプリや学習方法について取り上げてきました。

特に今回紹介したアプリに関しては、自分一人で会話の練習を行うことができるため、納得できるまで練習することができると思います。

誰しも始めは英語を全く話せないところからスタートしているので、母国語でない英語を話せないということは当たり前でもあるのです。

よってそれに対するコンプレックスやハードルを感じる必要は全くなく、少しづつ積み上げていけば良いと思います。

英会話はある意味慣れの部分もあるので、今回紹介したアプリ等を使用して着実に英語力を向上させていきましょう!

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

愛知県在住の29歳会社員。

同志社大学卒業後、約3年間のメーカーでの営業職としての勤務経験を経て、フィリピン・セブ島へ3ヵ月プログラミング×英語留学。

帰国後、愛知のIT企業でWEBプログラマーとして勤務開始。

保有資格:TOEIC865点、日商簿記検定2級

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント