プログラミング初心者にVBAをオススメする理由

IT
スポンサーリンク

この記事の対象者

  • これからプログラミングを始めようと考えている方
  • プログラミング言語選びに悩んでいる方

 

これまで僕はWEBプログラマーとしてC#やPHP、JavaScriptを用いた開発業務を行ったり、社内SEとしてVBAやRPAを用いた業務効率化を行った経験があります。

 

 

以前僕はプログラミング初心者の方にオススメな言語としてRubyを取り上げていましたが、

 

プログラミング初心者にRubyをオススメする理由
現在IT人材不足が叫ばれる中、プログラミングに興味を持つ人は増え続けています。特にそれまで馴染みのなかった人が学習を始める場合、どの言語を選択すれば良いか迷うことがあるかと思います。その中でプログラミング初心者にRubyをオススメする理由を取り上げています。

 

業務で使用した経験からVBA(Visual Basic for Applications)が最適なのではないかと考えるようになりました。

 

VBAはExcelの中で使用できるプログラミング言語の一種で、主に自動化業務で利用できます。(例えばシートの中に表を自動で作ったり、計算等を行うことができます。)

 

今回はVBAを初めてのプログラミング言語としてオススメする理由を取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

環境構築が不要

ProgateやドットインストールなどのWEBサービスでプログラミング言語を学ぶ場合、環境構築は不要ですが、

 

自分でアプリやサービスを作りたい時には環境構築が不可欠になります。

 

環境構築とはプログラミングを行うための事前準備で、いくつものソフトウェアをインストールする必要があり、

 

インストールの段階でエラーが多発するケースもあったりと、初心者の方にはなかなかハードルが高いものです。

 

それに対しVBAはパソコンにMicroSoft Excelが入っていればすぐに使うことができ、環境構築の手間が必要ありません。

 

自分が書いたコードをすぐにExcel上での動きに反映させることができるので、理解を深めやすいのも魅力の一つです。

スポンサーリンク

コードを書く面白さを実感できる

環境構築の手間もなく、VBAを記述するための専用エディタにコードを書けば動かすことができ、

 

プログラムの面白さを実感しやすいと思います。

 

Excelにはシートやセルが存在していますが、例えば、

 

ThisWorkBook.WorkSheets(“Sheet1”).Range(“A1″)=”おはようございます”」 というのは、

 

「このワークブックのSheet1のA1セルに”おはようございます”という言葉を入力する」

 

ということはVBAについてそんなに知らないとしてもおぼろげに想像できるのではないでしょうか。

 

このような形でセルに対しても何らかの操作をコードを通じて行うことができるので、ビジュアル的にも理解しやすいと思います。

 

こういったルールを順々に覚えていくとExcel業務における自動化ができるようになり、

 

プログラムの面白さを実感できると思います。

スポンサーリンク

基本事項を他の言語に流用できる

VBAにも他のプログラミング言語と同様に文法が存在しますが、それらを他の言語に流用できるケースが多いです。

 

例えばIF文(もしこういう値ならば次にこういう動きを行う、という文法)や、

 

For文(繰り返し同じ処理を実施する文法)も他の言語にも存在しており、新たな言語を覚える場合にもすんなり入っていくことができます。

 

VBAにおけるIF文は、

 

 

WEB系言語で初心者にも人気があるRubyにおけるIF文は、

 

 

全く同じではないにしてもかなり類似しており、違う言語を学ぶ場合でも方言を学ぶような感覚で入り込めるのではないでしょうか。

 

基本的な文法を覚えたら他の言語でも応用できる、ということ認識してVBAに取り組むのも良いと思います。

現在の仕事でも使える可能性大

VBAはプログラミング言語のひとつであるものの、プログラマーやシステムエンジニアだけが使う言語ではありません。

 

むしろ人事や経理といったバックオフィスの業務についている方にとっても重宝されるスキルでもあります。

 

依然としてWindowsを導入している会社は多く、Windowを導入していれば自動的にExcelもほぼ利用できる環境であるといってよいでしょう。

 

請求書や案内書を作るときにExcelを利用するケースは多く、その作業を自動化するためにVBAが使えれば一気に業務効率化を行うことが可能です。

 

営業職も客先に対して見積書を作成するときにExcelを使う時が多いと思うので、VBAができれば便利な場面も少なからずあると思います。

 

バックオフィスでは一般的にマクロ、という言葉を耳にしますが、自動化機能(マクロ)を土台から作るのがプログラミング言語であるVBAなので、

 

マクロ≒VBAの認識で大丈夫です。

 

 

実際のところ多くの職場では上記のツイートの通りだと思います。

 

SUM関数のような関数も使用できない、という人が依然として多く、マクロやVBAが使えたら事務職としてはかなりのレベルだといえるでしょう。

 

現職においても役に立つ可能性が高いのがVBAのメリットの一つであると言えますね。

スポンサーリンク

学習コストが低い

VBAの情報はネット上にも数多く存在しており学習コストが低く、自分でも比較的容易に学習を進めていくことができます。

 

Google検索エンジンで”VBA”と入力して検索をかけると300万件近い情報が出てくるので、情報がなくて困る、というケースもあまりないと思われます。

VBAオススメ書籍

僕の場合はネット検索の他に参考書も活用しています。

 

一冊手元に置いておくとサっと調べることができるので、持っておいて損はないかと思います。

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA


 

字がぎっしり書いてある書籍を読み込むのは苦手…という方は多いと思います。

 

そんな方にオススメなのがこちらの本です。

 

本の中ではキャラクターも登場しイラストも多く描かれていて、読みやすさが重視されています。

 

それでありながら重要な部分も初心者にとって理解しやすく描写されているので、初心者の方にとってもオススメの一冊です。

入門者のExcel VBA初めての人にベストな学び方


基本的な文法をきっちり押さえたいという方にオススメの一冊です。

 

この本の良いところはエラーの発生原因を読者に理解させるためにサンプルコードの打ち込みを積極的に行わせていることです。

 

初心者のうちはタイプミスでエラーを発生させてしまうことが多く、やりがちなミスを例題にして徐々に減らしていくことが可能です。

 

エラーの対処法を理解することもプログラミングを行うことでとても重要なことなので、早めに慣れておきましょう。

Excel VBAの教科書


 

僕も使用しているこちらの書籍はページ数もあり、一見とっつきにくい印象がありますが、単元ごとの重要なポイントも簡潔にまとめられており、

 

思った以上に理解を深めながら読んでいくことができます。

 

基礎から応用までカバーされているので、これ一冊でVBAスキルを段階的に高めていくことが可能です。

 

ネット上のサンプルファイル情報も記載されているので、理解を深めてダウンロードして実際に自分で解いていくのもオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はプログラミング初心者の方が初めての言語として、VBAをオススメする理由について取り上げてきました。

 

プログラミングのいろはを学ぶのに最適なVBAですが、覚えたことがそのまま普段の業務に活用できる可能性があるので、

 

プログラミング入門言語以上の活躍が期待できます。

 

まずはVBAで簡単な業務効率化ができることを目標として、学習を行っていくことをオススメします。

 

また本格的にプログラミングを学びたい場合はプログラミングスクールを活用するのも一つの手です。

 

その中でも老舗的な存在のTechAcademy [テックアカデミー]
では、20を超える様々なコースが用意されており、

 

自分の興味のある言語を選択して担当の現役エンジニアメンター(講師)と二人三脚でオリジナルアプリ作成~リリースまで経験できるなど、

 

プログラミングの基礎から応用までしっかりと学んでいくことができます。

 

こちらは本コースに入る前に一週間ほど、オンライン教材とメンターによるサポート等の学習システムを無料で体験できるので、しっかり見定めの期間も設けることができます。

【TechAcademy無料体験はコチラ】

IT
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

関東在住のSEです。

TOEIC初受験時325点→オンライン英会話や短期のセブ留学→870点取得

SE業務の他、海外取引先とのweb会議や技術書翻訳など英語に関連する業務に携わった経験があります。

自身の経験をもとに、効果的な英語学習方法やオンライン英会話情報、またITに関する情報について発信しています。

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント