【小中高生にもオススメ】となりの英会話の体験レッスンの様子や魅力を紹介

英語
スポンサーリンク

今回紹介するのは、様々なオンライン英会話サービスを展開するCURIOUS WORLDにより運営されているとなりの英会話です。

 

【詳細はコチラ】

CURIOUS WORLDは、となりの英会話以外にも初心者向けの【みんなの英会話】や、

 

フィリピン留学をオンラインで実現するためのサービス【CURIOUS WORLD ACADEMY】を運営しています。

 

これらのサービスも機会があれば体験してみたいですが、今回はとなりの英会話の無料体験レッスンの感想や魅力についてスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

となりの英会話とは

となりの英会話ではフィリピン人講師を採用しており、顧客のターゲットは主に小中高生ということです。

 

フィリピンの中でもバギオ市出身の講師が多く在籍しており、全講師がTESOLを保有しています。

 

TESOLとは英語を母国語としない人たちに対する英語教授法に関する資格で、この資格を持っているのはいわば英会話教育のプロです。

 

英語はネイティブから学ぶものでは?と考えている人もいるかもしれませんが、

 

発音の綺麗なフィリピン人講師も多く、なおかつTESOLを保有しているということもあり、

 

クオリティの高いレッスンを受講することができます。

スポンサーリンク

無料体験レッスンの流れ

となりの英会話のホープページから簡単に申し込むことができます。

となりの英会話

 

レッスンに関してはスカイプで行われるので、あらかじめアカウントは用意しておきましょう。

 

レッスン日時は例えば 「2021/03/28 21時〜」 、お問い合わせ内容は「無料体験レッスンの受講を希望します。」というような記入の仕方をするのが良いでしょう。

 

送信ボタンを押してしばらくすると、となりの英会話側から日時確認のメール、

 

そしてスカイプアカウントに追加リクエストが送られてきます。

 

あとはレッスン日の定刻になったら、講師からのコールを待てば良いです。(こちらで用意するテキスト等はありません。)

レッスン時間は25分

レッスンは25分間で行われ、女性の講師が担当でした。

 

15分くらいはフリートークに使い、

 

  • 仕事
  • 趣味

 

に関する話をしました。

 

そのあと10分間ほどで、となりの英会話の独自教材を使いましたが、ロボットやAといった最新テクノロジーに関するもので、中高生じゃなくても興味深い内容だったと思います。

無料体験レッスンの感想

やはりTESOLを保有している講師ということで、教え方やレッスンの運び方もスムーズだったのが印象的でした。

 

またとなりの英会話のメインターゲットは小中高生ということもあり、

 

教えるスキルが高い講師が揃っているのは大きな魅力の一つだと思います。

 

英会話初心者であっても、安心してレッスンに取り組んで着実に英会話力を伸ばしていけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

となりの英会話の特徴

となりの英会話の特徴について取り上げていきます。

予約不要のスケジュール

いわゆるウィリーズ英語塾やELT英会話のように担任制を取り入れており、

 

一度レッスンスケジュールを組んだら基本的には予約は不要です。

 

無料体験レッスン後に有料会員登録をする意思があれば、グループチャットにその旨を記載して送信します。

 

そこで改めて担任講師、レッスン日時を決めていく形となります。

 

ちなみに【バディ制度】と呼ばれる担当講師2名体制を取り入れており、様々なサポートを受けることができるようです。

1レッスン50分

無料体験レッスンでもそうでしたが、となりの英会話では1レッスン50分間で実施されます。

 

これは担任講師制と相まって1回のレッスンにより集中できるように設定されており、

 

予約制の場合にあるような毎回の自己紹介を省いて、50分全てをその日のレッスン内容に費やすことができるというメリットがあります。

オーダーメイド式レッスン

となりの英会話ではCEFR基準のレベルをベースにして、学習方法や教材をそれぞれの生徒に合わせて作り込まれるので、

 

自分だけのレッスンスタイルを確立することができます。

 

オーダーメイドレッスンであれば、レベルが合わなかった…というような事態も避けられるので、

 

無理なく学習を続けることが可能です。

料金プラン

となりの英会話のレッスンプランは、

 

  • 日常英会話コース
  • 試験・ビジネスコース

 

の二本立てとなっています。

日常英会話コース

「使える英語」を習得することを目標としたオーソドックスなコースです。

 

※別途教材費20,000円必要

コース 月額料金
50分レッスン×1/週1日(平日) 8,800円(税込)
50分レッスン×1/週2日(平日) 15,400円(税込)
50分レッスン×1/週3日(平日) 22,000円(税込)
50分レッスン×2/週1日(平日) 15,400円(税込)
50分レッスン×2/週2日(平日) 28,600円(税込)
50分レッスン×2/週3日(平日) 40,500円(税込)

試験対策・ビジネスコース

試験対策コースの方では、IELTS・TOEIC・TOEFLなどの対策を行うことができ、

 

ビジネスコースでは、名前の通りビジネス文書の形式やメールで使う表現などを、レッスンを通して学ぶことができます。

 

※別途教材費20,000円必要

コース 月額料金
50分レッスン×1/週1日(平日) 9,900円(税込)
50分レッスン×1/週2日(平日) 16,500円(税込)
50分レッスン×1/週3日(平日) 24,300円(税込)
50分レッスン×2/週1日(平日) 16,500円(税込)
50分レッスン×2/週2日(平日) 30,800円(税込)
50分レッスン×2/週3日(平日) 44,000円(税込)

スポンサーリンク

となりの英会話のメリット

ここまで取り上げてきた中で、となりの英会話のメリットについてみていきたいと思います。

 

  • 講師の質が高い
  • 初心者でも安心してレッスンが受講できる

 

やはり学生をターゲットにしているということもあり、上記の二点が特にとなりの英会話の強みなのではないでしょうか。

 

オンライン英会話を行う上では、講師のスキルや生徒への接し方も極めて重要なので、

 

この部分はやはりイチオシポイントになると思われます。

となりの英会話のデメリット

続いてはデメリットです。

 

  • レッスンプランが豊富ではない
  • 料金が割高

 

レッスンプランに関しては週1回もしくは週2回のみなので、バリエーションに欠ける印象があります。

 

とはいえ1レッスン50分なので、一般的なオンライン英会話スクールに置き換えると、

 

週2回〜4回には該当しますが、毎日とは言わずとももう少し増やしても良い気がします。

 

また料金に関しても、レアジョブやhanasoといったフィリピン系スクールの中でも割高な部類に入るので、

 

有料会員登録を行うときにこの辺りがネックになると感じる人もいるのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回はとなりの英会話について取り上げてきました。

 

まだ新しいオンライン英会話スクールなので、これからプランや教材がよりバージョンアップしていく可能性があります。

 

そうなってくると、メジャーなオンライン英会話スクールとも張り合うような存在になることも考えられるので、とても楽しみなスクールでもあると思います。

 

簡単に無料体験レッスンを受講することができるので、興味がある方はまずは一度試してみることをオススメします。

【無料体験レッスンはコチラ】

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

関東在住のSEです。

TOEIC初受験時325点→オンライン英会話や短期のセブ留学→865点取得

SE業務の他、海外取引先とのweb会議や技術書翻訳など英語に関連する業務に携わった経験があります。

自身の経験をもとに、効果的な英語学習方法やオンライン英会話情報、またITに関する情報について発信しています。

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント