気分を表す英語表現

英語
スポンサーリンク

普段、自分の気分を表すときに英語だと「I’m fine.」とか「soso.」を使う場面が多いかと思います。
でも本当はそんな気分ではないのに、使い慣れているせいかつい多用してしまうことはないでしょうか。

日によって落ち込んでいたり、やる気が出ない時や逆に絶好調の時もありますよね。
今回は落ち込んだ気持ちを表す英語表現を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

気分が浮かない、落ち込んでいる時

I feel blue.

・気分が落ち込んでいます。

日本語でも憂鬱な時にブルーな気分と表現することがありますよね。
ブルーマンデーとかも憂鬱な月曜日…なんて言ったりしますので、ブルーはあまりポジティブな色ではなさそうです。

I feel depressed.

・気分が落ち込んでいます。

これも「I feel blue.」とほぼ同じ意味になります。
「depression」は憂鬱という意味を表します。

I’m depressed.

(かなり)気分が落ち込んでいます。

「be動詞を使うか「feel」を使用するかで落ち込み具合が大きく変わってきてしまいます。
「be」動詞を使う場合はより一層落ち込んでいる状態を表すことになるので、使い方に注意しましょう。

I’m feeling down.

・気分が滅入っています。

こういう言い方もできます。「down」がそんなイメージを表していますよね。
「I feel depressed.」に近い表現化と思います。
そこまで大きな違いはないので、好きな方をつかっていく感じでよさそうです!

I’m not up for it.

・そんな気分じゃない。

これまで紹介した表現とは意味は違いますが、これも結構使える表現だと思うので、紹介させて頂きます。

友達に何かに誘われたときに、「そんな気分じゃない。」と言いたい時に使える表現です。
逆に提案にのる場合は、「not」を外して「I’m up for it.=いいですね。やりましょう。」と表現すればOKです。

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

愛知県在住の29歳会社員。

同志社大学卒業後、約3年間のメーカーでの営業職としての勤務経験を経て、フィリピン・セブ島へ3ヵ月プログラミング×英語留学。

帰国後、愛知のIT企業でWEBプログラマーとして勤務開始。

保有資格:TOEIC865点、日商簿記検定2級

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント