AI英会話アプリ【スピークバディ】で会話力を向上させよう

英語
スポンサーリンク

以前一人で英会話練習ができるアプリとしてアルクのトーキングマラソンを紹介しました。

【シャイでも大丈夫】楽しく英会話をするならトーキングマラソン
オンライン英会話に興味があるけど、まだ1対1で外国人講師と会話をするのには抵抗がある...そんな時にオススメなのが【トーキングマラソン】です。トーキングマラソンではプログラムされた音声と会話のトレーニングを行うことができるので、シャイな方でも会話の練習を楽しく行うことができます。

日常で起こり得るシーンを想定して、音声プログラムと1対1の会話ができるアプリとして手軽に利用することができますが、今回も英会話練習ができるアプリを紹介したいと思います。

その名はスピークバディ

appArrayという会社が開発して、その手軽さや学習の楽しさから現在利用者が増加しています。

今回はスピークバディの魅力やオススメポイントについて取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

スピークバディの特徴

スピークバディの特徴として、キャラクターと会話を行うことになりますが、AI音声認識技術が使用されている点が挙げられます。

ユーザーが発音した内容を聞き取り、高精度な分析を行なって判定をすることが可能です。

よって些細な部分でも発音に間違いがあればしっかりと認識されるので、ユーザーは正確に発音を矯正していくことができます。

スポンサーリンク

ダウンロード後はレベルチェック

アプリのダウンロードを行うと、初めにレベルチェックテストを行います。

現在の英語レベルや英語を使う目的などが聞かれるので、それらに答えた後に実際にテストが始まります。

テストはおよそ5分で、表示されている英文を読んだり英作文を行ったりして、その結果でレベルが判定されます。(10段階のレベル分け)

英作文を行う際には、特定のフレーズを含んで作成するように求められるので、それに従って英文を作ってスマホに向かって発音します。

全てのテスト工程が終了すると、結果が表示されます。

  • 発音
  • 流暢さ
  • 正確性
  • 表現の幅
  • 文章構成

の5つの観点から英語力が判定されます。

僕の場合はLEVEL 9でした。

この結果をもとにオススメのカリキュラムが提示されます。

初めのアンケートでビジネス英語力を向上させたいと答えていたこともあり、それにあったカリキュラムが提示されました。

またこれだけでなく、

  • 毎日の基本レッスン数
  • リマインド時間
  • 学習できる曜日
  • 完了予定日

もカリキュラムに含まれているため、毎日規則正しく学習し、無理なく学習を行うことが可能です。

一人で英会話の練習を行うといっても、ここまで管理されたカリキュラムであれば挫折することなく英会話力を高めていけるのではないでしょうか。

この時点でスピークバディが単なる英会話アプリでないことが十分うかがえますね。

スポンサーリンク

5つのモードで学習

レベルチェックテスト後は以下の5つのモードで学習を行うことになります。

  • 単熟語
    会話前に単語や熟語を予習する
  • リスニング
    キャラクターとの会話の流れを理解する
  • 会話
    キャラクターとの会話と発音練習
  • 英作文
    キーフレーズを用いてキャラクターと会話
  • 応用練習
    会話と英作文パートで行った内容を応用する

これら5つのモードは言語習得理論に基づいて作成されており、各々のレベルにあった効率的な英語学習が望めます。

5つのモードが一つのサイクルとして行われることにより、知識の定着も無理なくできるのも魅力的だと思います。

実際の学習シーンを見ていきましょう。

リスニング

リスニングパートでは、ユーザーとキャラクターの会話を聞いて、最後に設問に答える方式です。

会話が順に行われていくので、設問に備えて注意深く聞くようにします。

全部会話が終了したら、質問が表示されます。

2択の質問がなされるので、内容を思い出して正しい方を選択します。

回答すると、会話の要点が表示されるので、行われた会話の内容を復習します。

これを元に、会話パートや英作文パートも続いていきます。

会話

ここでは実際にキャラクターと会話を進めていくことになり、実際にスマホに向かって英語を発音していきます。

初めにキャラクターが話し始めるので、自分の番がきたらマイクボタンをタップして表示されている英文を発音します。

発音し終わると、AI音声認識技術が発音した内容の分析を行います。

自分が発音した内容と、その下に正しい英文が表示されます。

“for us”と発音したつもりでしたが、早口だったこともあり、 “force”と認識されていますね。

このように精密に音声が認識されていることにより、どの部分に気をつけて発音すれば良いのかが明確になるので勉強になります。

会話終了後に発音の出来具合や流暢さが判定されます。

すぐに各パートの到達具合が確認できるのも良い指針になると思います。

英作文

英作文パートは会話パートと同じシーンになりますが、自分が発音する順番になった時に以下のような指示が表示されます。

英作文すべき表現が日本語で表示され、また特定のフレーズを使うよう指示がでます。

この場合は“I’d like to 〜”を使って英文を作ることになります。

実際に指定された表現を用いて発音してみます。

会話パートと同じように、発音された内容とその下に正しい英文が表示されます。

今回は一つも間違いがなかったようなので、Perfectと表示されました。

応用練習

応用練習パートでは、会話パートと英作文パートで使用されたフレーズを応用していきます。

応用なので、やはり少し難しく感じるかと思います。

先ほどの“I’d like you to〜”を使用した英文を作ることになりますが、シチュエーションが変わっているので、使う単語も異なってきます。

同じフレーズでも異なるシチュエーションで使えるようになることによって、会話の幅を広げることができます。

Perfectになっていますが、前置詞が少し違いますね。

前置詞や代名詞も細かく使い分けて、正しい英語が使えるようになることを目指していきます。

以上の1サイクルを終えると、到達度やどのくらいでカリキュラムを終了させることができるのか、アドバイスをもらうことができます。

もちろん一度終えたセッションの復習も行うことができるので、補強が必要なパートは何度も繰り返してマスターしていくことができます。

スピークバディがオススメな人

スピークバディは以下に該当する人にオススメです。

  • オンライン英会話を始める前に会話の練習をしたい人
  • 発音を重点的に練習したい人
  • カリキュラムに沿って計画的に学習したい人

一人でも英会話の練習ができるということで手軽ということと、対人で英会話を行うのにまだ抵抗がある人はスピークバディから始めてみるとオンライン英会話にもスムーズにシフトしていくことができると思います。

また前述した通り、AI音声認識技術を使っているということで正しい発音を身につけたい場合や、一人でまずは学習したいといっても計画的に学習を進められるか不安という場合にもオススメです。

どのくらい学習を行えば次のレベルに到達できるかということも学習を進めるのと同時にわかるので、モチベーションも維持しやすいと思います。

スポンサーリンク

使用していて気になった点

手軽に英会話力を向上させることができるスピークバディですが、使用していて気になった点を取り上げていきたいと思います。

  • 全くの初心者には難しい場合がある
  • 体験期間が短い

特に英作文のパートにおいては、全くの初心者の場合は難しく感じることもあるかもしれません。

特定のフレーズを使うことを指示されていても、初めはなかなか思うようにいかないことがあるかと思います。

そういった点を考慮するとスピークバディを始める前に基礎的な単語や文法、表現はしっかり把握しておくのが良いですね。

これだけのハイクオリティなアプリを1週間無料で体験できるだけでもありがたいですが、欲を言えば2週間ないし10日間体験できると良いかなと思いました。

というのもこれは完全に各ユーザーの自己責任にはなりますが、意図せずに有料会員になってしまうケースもあると思うので、2週間前後の無料期間があれば解約するのか、有料会員になるのかを決めるのに十分かと思います。

有料会員になった場合は月額1,950円(税込)かかります。

まとめ

今回はAI音声認識技術を用いた英会話アプリのスピークバディについて取り上げてきました。

それぞれのレベルに沿って適切なカリキュラムで英会話を学べる点は非常に魅力的に映ったのではないでしょうか。

スピークバディで学習を続けていくと実際の英会話においても習った表現をそのまま使うことができたり、反射的に英語で返答できるようになったりと多くのメリットがあります。

有料会員になっても毎日コツコツ続けていけば、間違いなく月額以上の効果を得ることはできると思うので、興味のある方は是非試してみることをお勧めします。

andoroidはコチラからダウンロード↓
Google Play で手に入れよう

iPhoneはコチラからダウンロード↓

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

愛知県在住の29歳会社員。

同志社大学卒業後、約3年間のメーカーでの営業職としての勤務経験を経て、フィリピン・セブ島へ3ヵ月プログラミング×英語留学。

帰国後、愛知のIT企業でWEBプログラマーとして勤務開始。

保有資格:TOEIC865点、日商簿記検定2級

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント