TOEIC不要論は全く気にしなくて良い

英語
スポンサーリンク

日本で「TOEIC」というと、TOEIC Listening & Reading Testのことを指すことがほとんどで、英検と同様に英語系試験の中では高い知名度を誇ります。

 

2010年以降は受験者が毎年年間200万人を超えており、人気の高さがうかがえます。

 


Education Career:TOEICテストの受験者数の推移は?2018年の受験者数は約266万人より引用

 

そんな中で取り上げられるのが「TOEIC不要論」で、高得点を取得している人であっても英会話ができないというケースが見られることもあり、いつからか囁かれるようになりました。

 

これからTOEICを受けようと思っている人、現在まさに高得点を目指して勉強しようと考えている人にとっては見過ごせない意見なのではないでしょうか。

 

せっかく勉強しても不要と言われるならやる意味がないと感じてしまいますよね。

 

果たして本当にTOEICは日本社会において不要なのか、役に立たないのかいうことについて取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

900点越えなのに話せないという意見

結論から言うと日本の会社で働く場合、このTOEIC不要論を気にする必要はありません。

 

TOEIC不要論を唱えている人の多くは、「TOEICで高得点なのに話せない」という部分にフォーカスしている印象があります。

 

これは至極当然のことで、TOEIC Listening & Reading Testにはリスニングパートとリーディングパートのみの試験で、スピーキングパートとライティングパートは存在しません。

そもそも相関関係がない

TOEIC高得点=英語ペラペラのような見方をされる場面が多々ありますが、いくら900点を超えるような高得点者であっても、話す練習や書く練習をしていなければそれらができないのは当たり前だと思います。

 

「TOEICで高得点なのに話せない」には因果関係はなく、この二つはまったく別物だと考えるのが妥当だと思います。

 

よってTOEICでスピーキングの指標を測るのはナンセンスだということが言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOEICで高得点を得ることの恩恵とは

TOEICで高得点を取得するための勉強を行ったとしても、英語がペラペラになるということをあまり望むことができません。

 

それでもTOEICで高得点を狙う人が多いのは、英語が話せるということと切り離して高得点を取得することで受けられる恩恵があるからだということが言えます。

報奨金を得ることができる

各会社によって規定は異なるものの、TOEICの点数に応じて、報奨金を社員に対して出している会社も数多く存在します。

 

一番注目を集めた例がソフトバンクで、TOEIC900点以上取得した社員に対して、100万を支給するという制度を発表しました。(2013年当時)

 

ソフトバンク、TOEIC900点以上で100万円支給
引用:J-CASTニュース

 

実際に僕が勤めている会社でもTOEICで700点以上を取得していれば、毎月5,000円の資格取得手当を得ることができるなど、給料に+αで反映されます。

 

TOEICの点数次第で大金を手にするチャンスもあるので、侮れないということがわかると思います。

企業の応募条件を満たすことができる

報奨金を得る以外にも、入社試験の足切り要件や昇進時の要件として使用されるケースも多数あります。

 

実際に足切り要件でTOEICの点数を使用している企業を紹介します。

 

TOEIC(R)Test
 900点
松下電器(国際広報担当)
サムスン(新入社員足切り点数)
860点 富士通(海外出張が頻繁にある営業・技術者)
三菱商事(社内留学条件)
850点 NTTコミュニケーションズ(新卒採用)
800点 日立製作所(経営幹部候補)
KDDI(事務職・技術職の配属・異動の基準スコア800点以上)
韓国HYUNDAI(新入社員足きり点数)
LG電子(新入社員足きり点数)
住友不動産(採用条件)
野村不動産(採用条件)
日本マクドナルド (海外赴任条件)
750点 三菱商事(課長クラス昇格条件)
三井物産(入社3年以内に750点以上)
丸紅(入社5年以内に750点以上)
楽天(上級管理職昇格条件)
730点 日本IBM(次長昇格条件)
住友商事(管理職昇格条件)
ソフトバンク(新卒採用)
700点 NTT東日本(新卒採用)
ファーストリテイリング(新卒採用)
三菱電機(新卒採用)
ヤマト運輸(新卒採用)
旭化成(新卒採用)
ブリジストン(新卒採用)
東京電力(新卒採用)
三菱自動車の事務職(新卒採用)
伊藤忠商事(入社4年以内に700点以上)
キリンビール(事務職・技術職の配属・異動の基準スコア700点以上)
シャープ(課長職昇格条件)
650点 日立製作所(課長昇格条件)
アサヒビール(新卒採用)
シチズンホールディングス(新卒採用)
600点 あいおい損害保険(600点で1万円、730点で2万円の手当て)
富士通(エンジニア・事業企画担当)
住友商事(600点未満の新人総合職は英語研修実施)
トヨタ自動車(係長昇格の条件)
NEC(全社員の目標スコア)
キヤノン(海外赴任者・国際業務従事者)
三井物産(入社時の最低基準)
富士通(入社2年目に社員に求める目安)
日本IBM(課長昇格の条件)
丸紅(入社5年目の条件)
日立製作所(総合職の入社2年目の期待値)
横浜ゴム(全社員の目標スコア)
日本ビクター(全社員の目標スコア)
580点 三菱商事(全社員に求める最低基準)
550点 住友金属工業(全社員の目標)
500点 帝人(課長級以上)
470点 旭硝子(課長補佐)
450点 松下電器(主任昇格の条件)

出典:1ランク上をめざそう!TOEIC(R)Test CLUB

 

表を見ても名だたる企業が揃っており、TOEICの点数が新しく仕事を始めたり、出世を目指す上でも重要な役割を果たしているということがわかります。

 

上記のような流れは今後も続くと思われ、報奨金でもそうですが企業がこうした要件を定めている以上、それを利用するということもとても大事なことだと思います。

英語を使う業務を任される可能性がある

日本の会社において英語ができる人材はまだまだ多くはないというのが現状です。

 

英語ができるという指標にTOEICが使われるケースが多いということもあり、高得点を取得していれば英語に関わる業務を任せられて活躍の場が広がる可能性も大いにあります。

 

僕自身も、TOEICで800点以上を取得していたということもあり、

 

  • 技術仕様書の翻訳業務
  • Skype会議の通訳

 

といった仕事を任せられた経験があります。

 

TOEICという日本の会社においてわかりやすい指標があったからこそ舞い込んできた話で、それがなければ上記のような業務を任せられていなかった可能性もあります。

 

英語に関する業務経験があると、キャリアアップを図りやすくなり、転職にも効果を発揮するもあります。

スポンサーリンク

TOEICとスピーキングの学習を両立していく

ここまで見てきたように、TOEICの点数とスピーキング力は比例するわけではなく、別々に捉えていくのが良いと思います。

 

そこで現在TOEICで高得点を目指して学習している人は、スピーキングの学習も合わせて行っていくと良いでしょう。

 

スピーキング力を向上させるには、単語や文法といった下字が必要不可欠となっていきます。

 

目安としてはTOEICで700点を取得することができたら、スピーキングの学習も行っていうことをオススメします。

 

800点、900点を目指しつつ、スピーキングにも力を入れていくとバランス良く英語力を向上させていくことができると思います。

オンライン英会話が最適な手段

日本にいながらスピーキング力を鍛えたいのであれば、オンライン英会話レッスンを受講することがベストです。

 

オンライン英会話をオススメする理由は、

 

  • たくさん話す練習ができること
  • 手頃な価格で受講できること

 

などが挙げられ、従来は英語が話せるようになるには留学することが一番だと言われることが多かったですが、現在は上記の理由によりオンライン英会話が英会話力向上のベストな方法になってきています。

 

スクールにもよりますが、1日25分のレッスンを1ヶ月毎日受講しても価格はわずか6,000円前後とかなりリーズナブルです。

 

コストパフォーマンスを見てもオンライン英会話を利用しない手はないと思います。

 

現在多くのオンライン英会話スクールがあり、どこを選べば良いかわからない…という方もいると思うので、オススメのオンライン英会話スクールを3社ほど紹介します。

 

ネイティブキャンプ


ネイティブキャンプは日本だけにとどまらず世界的にオンライン英会話事業を展開しており、現在一番勢いのあるオンライン英会話スクールといっても過言ではないでしょう。

 

ネイティブキャンプの一番の特徴は、【今すぐレッスン】と呼ばれる予約なしですぐレッスンを開始できる機能が存在することです。(カランメソッド教材など一部教材使用時を除く)

 

さらに24時間365日レッスン受講が可能で、やりたい時にレッスンを受講できるというスタンスは、受講者の方のモチベーション維持にも役立っていると思います。

 

また会員登録後は7日間無料で無限にレッスン受講が可能ということもあり、無料体験だけでもかなりの数のレッスンを受講することが可能です。

 

興味のある方はまずは無料会員登録をしてみることをオススメします。

 

\ネイティブキャンプ無料体験レッスンはコチラ/

レアジョブ英会話

僕も2013年ごろからレッスンを受講しており、オンライン英会話スクールの老舗的な存在です。

 

レッスン開講時間は6:00-24:30、レッスン予約は開始5分前まで可能なので、24時間レッスン開講とまではいかないものの、時間的にも融通が効くのも魅力的です。

 

フィリピンの東大と呼ばれるフィリピン大学を卒業した講師や、有名外資系コンサルティング会社勤務経験、アジア各国で英語を教えていた経験を持つ講師など、講師のクオリティはオンライン英会話スクールでも随一だと思います。

 

\レアジョブ無料体験レッスンはコチラ/

DMM英会話


テレビCMも数多く放映されており、抜群の知名度を誇るDMM英会話では、世界各国約120カ国6,000人以上の講師を採用しており、国際色がとても豊かなのが特徴です。

 

僕自身も無料体験レッスンでナイジェリアやカメルーン出身の講師のレッスンを受講したり、様々な国の講師とレッスンをしたいという方にはうってつけだと思います。

 

業界最大手!DMM英会話の無料体験レッスンの感想
DMM.comが展開するDMM英会話の無料体験レッスン受講の感想や、オススメポイントについて。オンライン英会話スクールの老舗「レアジョブ」と匹敵する業界最大手のオンライン英会話スクール「DMM英会話」の魅力について取り上げています。

 

ネイティブキャンプ同様24時間365日レッスン受講が可能ということもあり、自分の好きな時間にレッスンを受講できるのも魅力の一つだと思います。

 

\DMM英会話無料体験レッスンはコチラ/

まとめ

今回はTOEIC不要論に対する見解についていくつか取り上げてきました。

 

確かにスピーキング力を測る上でTOEICを持ち出すのは相応しくないと思いますが、紹介してきた通り、日本社会でまだまだTOEICの点数が重視されている以上、一言で不要といってしまうのは少し乱暴だと思います。

 

単語や文法、長文読解といった英語力を測ることに関しては、TOEICは参考になりますし、それをベースに別途スピーキング力を鍛えていくことは十分可能です。

 

インターネット上で囁かれているTOEICに対するネガティブな意見は気にせずに、着実にスコアを伸ばしてチャンスを掴んでいきましょう。

英語
スポンサーリンク
Yumaをフォローする
Yuma

愛知県在住の29歳会社員。

同志社大学卒業後、約3年間のメーカーでの営業職としての勤務経験を経て、フィリピン・セブ島へ3ヵ月プログラミング×英語留学。

帰国後、愛知のIT企業でWEBプログラマーとして勤務開始。

保有資格:TOEIC865点、日商簿記検定2級

Yumaをフォローする
Daybreak

コメント